真空関連の事例・ケーススタディ CASE STUDY

真空計選定

真空設備を製作するにあたり、必要となる真空計選定のお手伝いをさせていただきました。​
真空計選定の事例です。​

導入された製品
ピラニ真空計・表示機
業界
電気・電子部品
分類
計測機器

事例

真空設備を製作するにあたり、真空計が必要となり機種選定の相談をいただく。

問題

測定圧力は5,000Pa、100Paの2点が計測可能な真空計が必要となる。
測定子の接続先はNW16となるので、対応可能な測定子が必要となる。

対応

ピラニ真空計の計測領域となるが、5,000Paを計測することができる真空計が必要となる為、大気圧(101,325Pa)より測定が可能な真空計:表示器あり・なしの2種類を紹介。

結果

設備として計測画面の表示は表示機で行いたいとのご要望があり、大気圧(101,325Pa)より測定が可能な表示機ありの真空計を採用いただく。

一覧へ戻る

真空技術に関するご相談・お見積もりは
お気軽にご連絡ください。

フォームからお問い合わせ

デモンストレーション・サンプリングテスト、資料請求やその他のお問い合わせは、下記のリンクよりフォームをご入力頂くことでお問い合わせが可能です。
※3営業日以内に弊社担当者より返信させて頂きます。

各種お問い合わせはこちら